樅柳会だより
 

獨協大学同窓会トップ » 同窓会について » 樅柳会

獨協大学樅柳会 会則

第1章 総則

名称

第1条 本会は「一般社団法人獨協大学同窓会・樅柳会」(通称 獨協大学樅柳会又は樅柳会)と称する。   〔以下「本会」という。〕

(本部及び所在地)

第2条 樅柳会本部〔以下「本部」という。〕は獨協大学〔埼玉県草加市学園町1番1号〕内に置く。

(目的)

第3条 本会は本学の発展に寄与するために獨協大学体育会に所属する〔していた〕団体〔以下「団体」という〕及びその卒業生組織〔以下「OB会」という〕の活動に対し協力・支援する。

(事業)

第4条 本会は前条の目的達成の為に同窓会樅柳会運営委員会〔以下「委員会」という〕の承認のもと次の事業を行う。
(1)会員の集いの推進
(2)各OB会への支援
(3)会員名簿の管理
(4)団体主催行事への協力
(5)母校の名誉に大いに貢献・寄与した団体・OB会への表彰・援助〔所澤賞の授与等〕
(6)同窓会活動への協力
(7)その他前条の目的を達成するための諸事業

第2章 組織

(会員)

第5条 本会は以下の会員をもって構成される。
(1)正会員
卒業時において団体に所属していた者でかつ同窓会費を完納している者〔樅柳会理事会の承認を受けた者もそれに準ずる〕
(2)名誉会員
体育部長、団体の部長・師範・コーチに従事した者

(資格)

第6条
(1)本会員は、終身会員であり、住所・氏名等に変更が生じた場合は、直ちに本部に連絡しなければならない
(2)除籍・脱会は、本会の名誉を著しく傷つける行為があった場合、樅柳会理事会の承認をもって除名することができる
(3)第5条第1項、第2項および第6条第2項にかかる会員の入退会は、樅柳会理事会で承認の後、樅柳会総会で報告するものとする

(組織)

第7条 本会は、以下の組織により運営される。
(1)樅柳会総会
(2)樅柳理事会
(3)OB代表者会議〔スポーツシンポジュームと呼称する〕

(樅柳会役員)

第8条 本会に以下の役員を置く。
(1)会長    1名〔原則として、体育部長とする〕
(2)理事長   1名
(3)副理事長  3名以内
(4)理事    OB会の数に準ずる
(5)会計    1名
(6)監事    1名
(7)本会は必要に応じて顧問を置くことができる

(樅柳会役員の選出及び任期)

第9条 前条の各役員は、以下により選任されるものとする。
(1)会長は、体育部長または理事に従事した者の中より樅柳会理事会で推薦され、樅柳会総会において承認される
(2)理事は、各OB会代表者もしくはそれに準ずるものがこれにあたり、各団体もしくは各OB会から推薦され、樅柳会総会において承認されたもの
(3)理事長は、樅柳会理事会の互選により選出され、理事の中から副理事長及び会計を任命する
(4)監事は、樅柳会理事会にて推薦され、樅柳総会において承認されたもの
(5)役員の任期は2年とし、再任を妨げない

第3章 樅柳会総会(以下、「総会」という)

(招集)

第10条 総会は原則として年1回、12月に理事長が招集する。又、理事長の発議により臨時総会を開催することができる。

(総会の決議事項)

第11条 総会は、本会の最高議決機関であり、以下の事項の決議並びに報告を行う。
(1)会長・理事長・理事、監事の承認
(2)事業報告
(3)所澤基金の決算の承認及び監査報告
(4)事業計画その他重要事項の報告

(総会の議決方法)

第12条 総会の決議は出席した会員の過半数で決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

(議長)

第12条の2 総会の議長は、その総会において選任する。

第4章 樅柳会理事会(以下、「理事会」という)

(招集)

第13条 理事会は、原則として月1回、理事長が招集する。又、理事長の発議により臨時理事会を開催することができる。

(役割と内容)

第14条 理事会は本会の執行機関であり、以下の事項の審議・採決をする。
(1)会長の推薦ならびに理事長の選出
(2)各団体もしくは各OB会より推薦される理事の受付・審議
(3)監事の推薦
(4)本会の事業計画の審議・作成
(5)所澤基金の決算の審議・作成
(6)所澤賞、奨励賞の選考
(7)団体・OB会等への援助の審議・決定
(8)その他

(理事会の議決方法)

第15条
(1)理事会は、理事の過半数をもって成立する
(2)議決は、出席理事の過半数をもって決する
(3)前2項は、期日までの委任状提出をもって代えることができる

第5章 会計

(役割と内容)

第16条 会計は、本会の運営にあたるすべての収支の管理を行う。
(1)本会の活動費は委員会からの運営費・寄付金・その他の収入をもってこれにあてる
(2)委員会の承認を受け、総会にて年次報告を行う
(3)本会の会計年度は10月1日から翌年9月末とする

第6章 監査

(監査)

第17条 監事は、会計年度末に所澤基金及び業務の監査を行い、同窓会社員総会及び樅柳会総会にてこれを報告する。

第7章 援助

(援助)

第18条 本会は別に定める援助規定に基づき、援助活動を行うことができる。

第8章 所澤基金

(目的)

第19条 獨協大学体育会及び樅柳会創設恩師である故所澤久雄先生〔昭和56年3月7日逝去〕の御精神と御意思を尊重し、本会内に所澤基金〔以下「基金」という〕を設ける。

(運営)

第20条 本基金の運営については、理事会で審議、承認の上、同窓会樅柳会運営委員会及び総会におい てこれを報告する。

(会計・監査)

第21条 本基金の会計業務は本会会計が兼務し、理事長が監督する。
(1)本基金は、寄付金・その他の収入をもってこれにあてる
(2)総会において収支決算を報告する
(3)その他会計処理は本会会計業務に準ずる

(事業)

第22条 本基金は目的達成のために以下の事業を行う。
(1)樅柳会所澤賞の授与
(2)その他本学及び本会の発展に寄与する行為に対する援助

第9章 所澤賞・奨励賞

(所澤賞)

第23条 別に定めるところにより、理事会にて選考する。

(奨励賞)

第24条 別に定めるところにより、理事会にて選考する。

(表彰)

第25条 毎年度、獨協大学学友会活動奨励賞授与式にて表彰する。

第10章 会則の改正

(会則の改正)

第26条 本会則の改正は、委員会の承認を受け理事会の発議により総会で承認される。

(承認)

第27条 本会則の改正は総会出席者の過半数の承認を必要とする。

(効力)

第28条 本会則補足は議決されたその日より効力を発する。

附則

(1)本会則は昭和56年6月4日(土)総会にて一部改正M
(2)本会則は平成2年6月2日(土)総会にて一部改正
(3)本会則は平成10年6月6日(土)総会にて全面改正
(4)本会則は平成20年6月14日(土)総会にて全面改正
(5)本会則は平成24年11月17日(土)臨時総会にて全面改正。
尚、旧第7条(会費)については同日、全文削除

補足

(1)所澤賞・奨励賞は当該年度〔前年11月から当年10月〕の戦績及び活動内容について資格を有する団体より申請のあったものに対して選考する
(2)所澤賞は金一封及び記念品とし所澤基金よりこれを歳出する
(3)奨励賞は金一封及び記念品とし所澤基金よりこれを歳出する
(4)上記歳出については、諸般の事情に基づいて随時理事会にて検討し、改正する

獨協大学樅柳会援助規定

(資格)

第1条 獨協大学樅柳会援助規定〔以下「援助規定」という〕は、下記の資格を有する団体〔以下「団体」という〕及び個人を対象に援助を行うものとする。
(1)学友会体育会本部
(2)学友会体育会の構成団体〔部及び同好会〕、または過去構成していた団体で実績のあったもの
(3)上記2項のOB会
(4)その他理事長が特に認めた団体及び個人

(対象)

第2条 援助対象は以下の条件を充たすものとする。
(1)団体主催による学内外における社会的貢献の高い活動
(2)獨協大学及び樅柳会の名誉と発展に寄与する学内外の活動
(3)理事長もしくは理事会の判断で上記2項と同等に値する活動

(申請)

第3条 団体は以下に定める項目を充たす申請書を当該活動の2ヵ月前までに理事長宛に体育会本部内樅柳会局もしくは本部に提出する。
(1)申請の主旨、活動内容
(2)活動の予算書〔前回の決算書※〕
(3)援助希望内容及び金額
(4)団体の責任者の承認
(5)その他〔資料等〕
   ※過去において同じ様な活動をしている場合

(審査)

第4条 前条に基づいて提出された申請書を理事会にて協議し、援助内容及び金額等を決定する。

(報告)

第5条 援助承認がなされた団体は、その活動終了後2週間以内に理事長宛に報告書を提出しなければならない。

(監査)

第6条 団体から提出された活動について理事会にて監査を行う。

(喪失)

第7条 監査において疑義が生じた場合、本援助は喪失する。

(返却)

第8条 援助の喪失が認められた場合は援助金の返却を求める。その際団体は、すみやかにそれを返却しなければならない。

(予算)

第9条 本援助の予算は、本会の運営費及び所澤基金よりこれにあてる。

(改正)

第10条 本会会則に準ずる。