支部ブログ:埼玉県支部
 

獨協大学同窓会トップ » 支部ブログ » 埼玉県支部

獨協大学同窓会・埼玉県支部の活動やイベントなどの最新情報をお知らせします。

埼玉県支部

うれしい たのしい だいすき 同窓生の集い

みなさんこんにちは。

昨日、獨協大学で同窓生の集いを開催しました。

(ちなみにタイトルには深い意味は無いです)

20180624163946.JPG

正確な参加者数は現在集計中ですが50名~60名だと思います。

昨日ご参加頂いた同窓生の皆様、本当にありがとうございました。多くの方から

「とてもよかった。1年に一度と言わず、もっと開催して欲しい」

「卒業以来、数十年ぶりに大学に来た。獨協大学までは迷わずたどり着いたが、大学構内で迷子になってしまった」等、様々なご意見を頂きましたが総じて好評でした。

20180624164335.JPG

今年は第一部と第二部に分けて開催。

第一部は、参加費無料のトーク&ティーパーティを開催。

トークのテーマは「獨協大学は受験界からどのように見られているか?」でした。

冒頭に英語学科教授・児嶋一男入試部長に獨協大学の受験者数や近年人気の学部学科の説明がありました。

(みなさん、今、獨協大学はどこの学科が人気か知っていますか?、個人的には、各大学の真水の(実質の)受験者数の話はとてもおもしろかった)

パネラーには、獨協大学同窓生で現役の学校の先生方にご登壇頂き、スピーチを行っていただきました。

20180624164409.JPG

時には会場から笑い声もどっと起きるような盛り上がり(写真はみなさん真剣そのものですが・・・)。

児嶋先生も同窓生の先生方も、母校でのイベント&参加者が同窓生ということもあり、(話す内容も)リラックスしていて、とてもわかりやすく、面白かった。

20180624164441.JPG

会場内では、河野さん(同窓会組織委員。獨協目白の現役の先生)が忙しそうに動いていました。河野先生、ありがとうございました(写真からは忙しそうな雰囲気は伝わらないけど・・・)。

20180624164514.JPG

第二部の懇親会では、同窓会の須藤会長に乾杯のご挨拶を行っていただきました。

20180624164550.JPG

懇親会の様子。料理は学食を運営しているグリーンハウス様に依頼。

大学開催なので、部屋代はかからないのだが、会場作りから片付け、立て看板の設置等まで我々がやらなくてはならず、埼玉県支部幹事は、文化祭(雄飛際)のようなノリで準備を行いました。お金をかけない(低予算)同窓会イベントの実施には、多少の労力が必要なことを改めて実感。

こうして、スタッフ(幹事)同士の絆が深まっていくんだと感じました。でもやっぱり、それなりのスタッフ人数(幹事人数)が必要です。

グリーンハウス様にも会場作りを一緒に行っていただきました。ありがとうございました。

20180624164623.JPG

大学の来賓として、経営学科教授・平井岳哉先生(キャリアセンター所長)にお越しいただき「これからの日本社会」についてスピーチして頂きました。(平井先生の話がとてもよかったという声を沢山頂いています)

20180624164659.JPG

今年の学生団体の公演は、アカペラサークル オルフムに依頼。

20180624164734.JPG

オルフムのみなさんが、同窓生の年代を考慮したのかわかりませんが、久保田早紀の「異邦人」や福山雅治の「家族になろうよ」等、我々でも知っている曲を歌って頂き、会場は大いに盛り上がりました。

20180624164808.JPG

改めて、オルフムのレベルの高さと安定感は素晴らしいと感じました。まあ、考えようにとっては、我々同窓生のためだけに公演をして頂き、すぐ近くで見ることができるので、贅沢な時間です。

20180624164849.JPG

実は私は公演中、「もし、オルフムがカラオケバトル等のTV番組に出演したら、何点取れるのだろう」と考えていました。堺正章氏が興奮して「何点だー」と叫ぶ姿が目に浮かぶ。それくらい上手。今度、松原団地駅のシティベア(カラオケボックス)に誘ってみようかな。

IMG_1033.JPG

最後に・・・

埼玉県支部の代表として、昨日うれしかったことがあります。それは、新たに6名の同窓生の方々が埼玉県支部の幹事に立候補してくれたこと。我々の会場作りの大変さをどこかで見ていて、手伝ってあげようと思ったのかも。

みなさん、あまり負担にならない程度に、一緒に同窓会を盛り上げていきましょう(来年の同窓生の集いに向けて、重い机やイスを運べるように体を鍛えておきましょう)。

参加費無料へ 6月23日同窓生の集い

みなさんこんにちは。先日、6月23日開催の同窓生の集いの案内をさせて頂きました。

今回は第一部、第二部に分けて開催しますが、少しでも多くの同窓生に参加して頂きたいため、第一部の参加費を無料にすることに致しました。もちろん、既にお申し込みを頂いている方も無料に致します。

第一部:300円→0円(無料)

第二部:3000円(変更なし)

まだまだ参加者を募集中です。ぜひ、お時間がある方はご参加をお願い致します。

↓ここからが、同窓生の集いの告知。

6月23日(土)獨協大学で同窓生の集いを開催します。

今年は新たな挑戦として「2部制の開催」に取り組みます。1人でも多くの同窓生に参加してもらうため参加費を極力抑えました。

獨協大学同窓生なら誰でも参加OK。埼玉県在住以外の方の参加も大歓迎。1人での参加も大歓迎です。申し込み方法は一番下の「同窓生の集い ご案内」を参照ください。皆さんの積極的なご参加、お待ちしています!!

※【重要】 第一部、第二部 両方の参加がオススメです。ぜひ両方とも参加して欲しいです。

※【重要】参加申し込みは、6月9日〆切で以下のメールアドレスに応募願います。(①第一部、第二部のどちらに参加するか、②お名前、③参加人数、④卒業年度・学科、⑤お住まいの都道府県(住所は不要)を記載して下さい)

saitamasoka2017@gmail.com

IMG_2107.JPG

(この写真は深い意味はありません。なんとなく掲載。文字ばかりだと疲れるし・・・何の建物かわかります?)

【第一部概要】(参加費0円(無料)。アルコール無し)

開催時間:13:00~15:00(獨協大学で開催)

内容:トーク&ティーパーティ。

トークのテーマは「獨協大学は受験界からどのように見られているか?」。スピーカーは卒業生の現職高校教員・ほかを予定。近年、獨協大学の受験者数は増加傾向。そのあたりの理由もわかるかも?

その後、ソフトドリンクとお菓子を食べながら、同窓生同士の交流を図ります(ここでお友達を作りましょう)。

1人での参加も大歓迎。女性の方が参加しやすい時間帯(13時~15時)に開催します。

【第二部概要】(参加費3,000円。アルコールも料理も出ます。獨協大学で開催するのでこの参加費が実現しました。ホテルで開催すると2倍の参加費になると思う)

開催時間:15:00~18:00(獨協大学で開催)

内容:いわゆる一般的な同窓会のパーティ。

今年は獨協大学の人気学生団体 アカペラサークル OLFM(オルフム)に公演して頂きます。(人気、実力ともに相当高いです。本当ですよ)。OLFMのOB、OGのみなさん、ぜひこの機会に参加を・・・

また、獨協大学から来賓として、経済学部 平井岳哉教授(平井先生はキャリアセンター所長でもあります)にも参加して頂きます。平井ゼミのOB、OGのみなさん、ぜひ参加して欲しい・・・

さらに、外国語学部 交流文化学科 府川謹也名誉教授も参加されます(府川先生の場合は、私と一緒にスタッフとして働く側ですが・・・)。

全国から参加者を大募集。1人での参加も大歓迎。1人で参加しても寂しい雰囲気ではございません。

以下にオルフムの写真を掲載。オルフムは大学内だけでなく、大学外での活動も多く、獨協大学を代表する人気サークル。

20180529202610.jpeg

20180529202635.jpeg

↓ 申し込み方法等、詳細はこちら(添付の資料には、第一部参加費が300円と記載がありますが、無料です)

20180529201548.pdf

6月23日 同窓生の集い開催!! 参加費なんと300円

みなさんこんにちは。

6月23日(土)獨協大学で同窓生の集いを開催します。

今年は新たな挑戦として「2部制の開催」に取り組みます。1人でも多くの同窓生に参加してもらうため参加費を極力抑えました。

獨協大学同窓生なら誰でも参加OK。埼玉県在住以外の方の参加も大歓迎。1人での参加も大歓迎です。申し込み方法は一番下の「同窓生の集い ご案内」を参照ください。皆さんの積極的なご参加、お待ちしています!!

※【重要】 第一部、第二部 両方の参加がオススメです。ぜひ両方とも参加して欲しいです。

※【重要】参加申し込みは、6月9日〆切で以下のメールアドレスに応募願います。(①第一部、第二部のどちらに参加するか、②お名前、③参加人数、④卒業年度・学科、⑤お住まいの都道府県(住所は不要)を記載して下さい)

saitamasoka2017@gmail.com

IMG_2107.JPG

(この写真は深い意味はありません。なんとなく掲載。文字ばかりだと疲れるし・・・何の建物かわかります?)

【第一部概要】(参加費300円。アルコール無し)

開催時間:13:00~15:00(獨協大学で開催)

内容:トーク&ティーパーティ。

トークのテーマは「獨協大学は受験界からどのように見られているか?」。スピーカーは卒業生の現職高校教員・ほかを予定。近年、獨協大学の受験者数は増加傾向。そのあたりの理由もわかるかも?

その後、ソフトドリンクとお菓子を食べながら、同窓生同士の交流を図ります(ここでお友達を作りましょう)。

1人での参加も大歓迎。女性の方が参加しやすい時間帯(13時~15時)に開催します。

【第二部概要】(参加費3,000円。アルコールも料理も出ます。獨協大学で開催するのでこの参加費が実現しました。ホテルで開催すると2倍の参加費になると思う)

開催時間:15:00~18:00(獨協大学で開催)

内容:いわゆる一般的な同窓会のパーティ。

今年は獨協大学の人気学生団体 アカペラサークル OLFM(オルフム)に公演して頂きます。(人気、実力ともに相当高いです。本当ですよ)。OLFMのOB、OGのみなさん、ぜひこの機会に参加を・・・

また、獨協大学から来賓として、経済学部 平井岳哉教授(平井先生はキャリアセンター所長でもあります)にも参加して頂きます。平井ゼミのOB、OGのみなさん、ぜひ参加して欲しい・・・

さらに、外国語学部 交流文化学科 府川謹也名誉教授も参加されます(府川先生の場合は、私と一緒にスタッフとして働く側ですが・・・)。

全国から参加者を大募集。1人での参加も大歓迎。1人で参加しても寂しい雰囲気ではございません。

以下にオルフムの写真を掲載。オルフムは大学内だけでなく、大学外での活動も多く、獨協大学を代表する人気サークル。

20180512110442.jpeg

20180512110615.jpeg

↓ 申し込み方法等、詳細はこちら

20180512110730.pdf

獨協学生の思い出の味 ~さよなら チャードン(いそ虎)閉店~

みなさんこんにちは。獨協学生の思い出の味「いそ虎(とら)」(ラーメン屋)が3月18日をもって閉店します。

20180304185941.jpg

現在、40歳以下の獨協卒業生(現役学生含む)にとって、いそ虎と言えば、「チャードン」こと「チャーシュー丼」であまりにも有名な店。

もう一度、チャードンを食べたい方は、急いで訪問しましょう。この情報は拡散希望。学生時代の友達に知らせて下さい。

20180304190124.jpg

「いそ虎閉店」の第一報が私に入ってきたのが2月中旬。ある学生と話していたら「今日、大学でいそ虎が閉店することが話題になっていた」とのこと。私はあの人気店が閉店するはずはないと感じたが、翌日、別の学生に会った時、いそ虎閉店の情報を確認すると「私も閉店すると聞いた」とのこと。閉店を確信し、本日の訪問となりました。

20180304190226.jpg

これが、獨協学生の思い出の味「チャードン大盛」。白飯にチャーシューと甘辛いタレがかかり、マジでうまい。獨協生にとって青春の爆食の味。

本来はラーメン屋なのだが、今ではチャーシュー丼(チャードン)の方が有名。ちなみに、オープン当初はチャードンはメニューになかったらしい。

20180304190259.jpg

店内はこんな感じ。カウンターだけの小さな店。日曜日の夕方だったので、TVから笑点が流れていた。

実は、16:30に訪問したが、その時はまだ仕込み中(休憩中)。夜の部は17:30オープンというので、17:20に再度訪問したら、既に店外に何人か並ぶほどの人気ぶり。

20180304190337.jpg

17:30のオープンと同時に、カウンターは満席。獨協男子学生(と思われる)3人組と、獨協女子学生(と思われる)2人組も来店。オープン10分後には、店内が満席のため外に7名が並んでいた。(以前から人気店なのは知っていたが)ここまで混むのが普通なのか、それとも閉店を知り、来店客が増えているかはわからない。

20180304190415.jpg

こちらが、いそ虎ラーメン(しょうゆ)。やはりチャーシューは抜群においしい。

20180304190451.jpg

餃子も注文。蒲田の羽根つき餃子もびっくりの大きな羽が付いています。餃子を注文した隣のお客が「大根おろし」をもらっていたので、私ももらうことに。さっぱりしてパクパク食べてしまう。この味がもう食べられないと思うと本当に悲しい。

20180304190527.jpg

学生は残さず食べたら大盛サービス。この立地で獨協大学生以外の学生が来ることはあるのか?といつも感じていた。

20180304190605.jpg

オープン30分後には、「今日のラーメンの麺はあと4つしかない」状態に。お店の方が外に並んでいるお客に、あやまりながら説明していた。

まあ、問題ないよ。だってこの店はチャードンの店だもん。

ただ、閉店が近づくにつれ、ますます来店客が増える可能性がある。訪問する場合は早めの時間に行った方が無難。あと店休日も事前に確認しましょう。

いそ虎 チャードンは正真正銘「獨協学生の思い出の味」。これからも獨協生の記憶の中で輝き続ける名店だと断言できます。今までありがとう。

獨協学生の思い出の味 ~コナ(ピザ&ワイン)~

みなさんこんにちは。

今日は草加駅近くの「コナ」というピザ&ワインの店に行ってきました。

1kona.jpg

コナは草加駅西口ロータリーからすぐ近く。ぎょうざの満州の2Fにあります。(ぎょうざの満州は「3割うまい」で有名な店。埼玉県では、低価格中華料理店として、ぎょうざの王将と双璧をなす有名店。後日、取材予定)

2kona.jpg

我々取材班の事前リサーチでは、コナは獨協大学の女子大生が頻繁に通う店。コンパなど大人数ではなく、2人~4人くらいで利用する店。当企画で取り上げる店は男子学生が格安で飲んで騒ぐ店が多いので、たまにはこういうシャレオツ(死語か?)なお店も入れてみた。

20180211192819.jpg

店内はこんな感じ。

コナは多店舗展開しているようだ。渋谷、恵比寿、六本木、麻布十番など都心に出店。余計なお世話だが、埼玉県の草加に出店していることで(都心の店の)店格が落ちないかと心配してしまう。

3kona.jpg

コナの最大の売りは「ピザが全品500円」であること。しかも500円だからと言って小さなピザではない。

4kona.jpg

取材当日は「世界一周ビールフェア」を開催中。メキシコからのエントリーはコロナビール。飲みたくなってきた。

5kona.jpg

我々はビールとカクテルで乾杯。草加でもあるんだね。おしゃれな店が。

6kona.jpg

マルゲリータピザ登場。これで500円は安い。

7kona.jpg

↑ 名前は忘れたが、とてもおいしかったピザ。予定では1枚500円だから沢山食べるつもりだったが、2枚で限界がきてしまった。

8kona.jpg

このお店では比較的高価なメニュー。とろけるようなおいしさだった。

9kona.jpg

コナはワインで有名な店。棚にワインがずらりと並んでいた。しかし、ここに驚きの仕掛けがあるのだ・・・

99kona.jpg

なんとワインの棚がトイレの扉なのである。これはわからんぞ。私なんて2回目のトイレに行く時も、扉がどこにあるのかわからずお店の人に聞いてしまった。とくに酔っ払うと厳しい。

隣のカップルは、このわかりずらいトイレのネタで話が盛り上がっていたが、尿意がMAXの時はシャレにならなくなること請け合いだ。

999kona.jpg

トイレの扉を開けるとこんな感じ。

いきなり扉が開いてトイレから人が出てきたら、驚いて出ちゃう人がいるのではないかと心配になってしまった。

【所感】私は草加駅周辺に住んでいるが、無意識に「自宅の近くのお店(自分の生活圏にある店)と、獨協大学生が利用する大学周辺の店は別のもの」という感覚があった。しかし、獨協生に「どの店に行くの?」とヒアリングすると、私の自宅近く(草加駅周辺)の店を挙げる学生が多い。コナもその1つ。ただ逆に言えば、私にとって自宅から一番近いレンタルビデオ屋は、松原団地駅のTSUTAYAだし、郵便局に荷物を受け取りにいくのも松原団地駅の郵便局。それだけ私が大学近くに住んでいるということなんだろうなぁ。

埼玉県支部ブログの管理者プロフィール
最近の記事
最近のコメント
 

 埼玉県支部ブログのRSS